お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
形見分け
死亡した人が愛用していた品物で、まだ使用できるものは、その品物を大切にし、使い続けることのできる親しい人に、形見分けとしてお渡しするとよいでしょう。

衣服やアクセサリーなど、身につけるものは、なるべくクリーニングを済ませます。

形見分けを贈る相手の範囲は、親、兄弟や親戚の人、親しかった友人など、つながりの深かった人に限ります。
死亡した人よりも 目上の人に形見分けをすることは、先方から特に希望がない限り、失礼にあたるので 気を付けたいものです。

形見分けの時期については、特に決まりはありませんが、忌明けに合わせておこなうのが一般的です。

形見分けは、あくまで身内の行事なので、正式な包装や水引などは必要ありません。
品物を、むきだしのままで贈るのが失礼と思われる場合は、奉書紙に包むなどの簡単な包装がよいでしょう。

なお、最近では、形見分けの新しいかたちとして、帯や着物などの和装の生地を利用してリフォームし、 上品な数珠入れやバッグなどに作り変えて分けることもよくおこなわれています。

また、死亡した人が気に入っていた本や音楽CDなど、ゆかりのある品物を新しく購入したうえで、形見 分けとして配るのも、思い出や心づかいが伝わります。

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。

  Copyright (C) SEKISE, Inc.