お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
医療費控除
[見本はこちら]

● 所得から差し引くことのできる医療費控除についてご案内します。

自分自身と、その扶養家族(生計をひとつにしている親族)を含めて、年間10万円以上の医療費を支払った場合には、年末調整あるいは所得税の確定申告の際に、一定の金額を所得から控除することができます。これを医療費の所得控除といいます。

確定申告のときに、医療費の所得控除を受けた金額に応じて、所得税が少なくなります。

医療費控除の対象となる医療費は、税金を納めている人が、自分自身や扶養家族のために支払った医療費です。

医療費控除が受けられる金額は、実際に支払った医療費の合計額が、10万円を超えた場合です。
なお、所得の合計金額が200万円に満たない人は、医療費の自己負担が所得金額の5%を超えた場合に、医療費控除が受けられます。

この金額を超えた額について、確定申告の際に、所得から医療費控除として差し引くことができます。
医療費控除の金額は、最高200万円までです。

医療費の合計額からは、生命保険などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費や家 族療養費などにより補てんされる金額は、差し引いて計算します。

医療費控除を受けるための手続には、医療費控除に関する事項を記載し、領収書など医療費の支出を証明する書類を添えて、確定申告書を提出します。
医療費を一覧表として記入する用紙は、税務署に備え付けのものもありますが、自分で一覧表にしたものでもかまいません。

なお、医療費の所得控除を忘れていた場合には、5年前のものまで還付請求ができます。
もし、該当する場合は、その年の1年間の医療費の合計金額を添えて、確定申告の修正手続きをおこないます。

[資料] (所法73、120、所基通73-8)

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。



  Copyright (C) SEKISE, Inc.