お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
住民票や戸籍謄本の内容と手数料(1)
[見本はこちら]

住民票や謄本などの発行手数料は、市町村により、金額が多少変わります。ここでは、東京都の場合について、お知らせします。

・住民票(各\300)
 ・・・現在、住んでいる人の内容で、全部、または一部の写しの2種類。

・戸籍謄本(\450)
 ・・・戸籍に登載されている人を全部写したもの、除籍された人も含む。

・戸籍抄本(\450)
 ・・・戸籍に登載されている人のうち、必要とする人だけを写したもの。

・除籍謄本(\750)
 ・・・除かれた戸籍に登載されている人を全部写したもの。

・除籍抄本(\750)
 ・・・除かれた戸籍に登載されている人のうち、必要とする人だけを写したもの。

・戸籍記載事項証明(\350)
 ・・・戸籍に記載されている事に関する証明をするもの。

・戸籍届書受理証明(\350)
 ・・・戸籍の届け出が済んだこと証明するもの。

・身分証明書(\300)
 ・・・破産・禁治産・準禁治産の宣告の有無について証明するもの。

(なお、禁治産者・準禁治産者とは、精神機能の障害などにより自分で法律行為ができないことを、家庭裁判所により宣告された人のことで、法律行為は、後見人が法定代理人として行なうことになっています。)

なお、窓口で、本人以外の人が代理で発行を依頼する場合は、委任状(承諾書)が必要です。

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。



  Copyright (C) SEKISE, Inc.