お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
社会保険から出る葬儀費用(1)
[見本はこちら]

●社会保険(健康保険組合や共済組合などの被用者保険)から葬式の費用を もらうための手続きについてご案内します。

社会保険 (国民健康保険以外の医療保険をさします) に加人していた本人が亡くなられた場合には、埋葬費として50,000円がもらえます。

社会保険の扶養家族が死亡した場合は、 家族埋葬費として50,000円を受け取れます。

手続きは、社会保険事務所でおこないます。
社会保険に加入している人は、会社などに勤めていることがほとんどですから、その勤務先で手続きを代行してもらえる場合が多いようです。
埋葬費の手続きをしてもらえるかどうか、勤務先の総務などの係にたずねてみるとよいでしょう。

埋葬費をもらう手続きに必要なものは、 勤務先による証明、死亡診断書、社会保険の保険証、それに印鑑です。

お金を振り込んでもらうために、自分の銀行や郵便局の通帳の口座を知らせる必要がありますので、口座 番号を用意しておきましょう。

なお、社会保険の埋葬料の他に、会社の組合などから他の名目で、葬式についての補助金等が支払われる 場合もあるようです。

また、死亡された方が原爆の被災者だった場合は、住所地の役所の窓口へ被爆者手帳を提出すると、被爆 者埋葬料として12万円が別にもらえます。

手続きの用紙の見本と必要なものの一覧が、次べージにありますのでご利用ください。

[資料]健康保険法 第49条[埋葬料] 第59条の3[家族埋葬料] 第69条の16[埋葬料]

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。


  Copyright (C) SEKISE, Inc.