お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
遺族厚生(共済)年金(1)
[見本はこちら]

死亡した人が、厚生年金や共済年金に加入していた場合、遺族厚生年金(遺族共済年金)や遺族基礎年金 が支給されます。ここでは、そのうちの、遺族厚生年金 の内容についてご紹介します。遺族共済年金もほぼ同様です。

遺族厚生年金は、次のような条件に当てはまる場合にもらえます。

(1)老齢厚生年金を受ける資格を満たしていて、もらわないまま死亡したとき。
(2) 厚生年金保険に加入していた本人が在職中に死亡したとき。
(3)厚生年金保険に加入していた時のケガや病気が原因で、初診日から5年以内に死亡したとき。
(4)1級か2級の障害厚生年金を受けられる人が死亡したとき。
(5)老齢厚生年金を受けている人や受ける資格期間のある人が死亡したとき。

となります。

なお、遺族基礎年金の対象となる遺族がいない場合は、子のない妻、あるいは55歳以上の夫・父母・祖父母、または孫の遺族に、遺族厚生年金のみが支給されます。
遺族厚生年金の金額は、原則として、夫が生きていた場合に受けることができた老齢基礎年金または退職 共済年金の3/4の金額です。(年金の加人期間や扶養家族、給与などで条件が変わります。)

受け取るための手続きは、社会保険事務所に申請書を提出します。
厚生年金や共済年金の手続きは、勤務先に依頼すれば、代行してもらえることが多いようです。
すでに退職していた場合は、年金を受け取る人が、社会保険事務所に出向いて手続きをおこないます。
手続きには、厚生年金手帳(共済年金手帳)、死亡診断書、戸籍謄本、印鑑 が必要です。

年金は、銀行 や郵便局の自分の口座で受取ることができます。
お金を振り込んでもらうために、自分の銀行や郵便局の通帳の口座番号も用意していきましょう。

なお、死亡した人の、「子供のある妻」または「子供」には、この遺族厚生年金とは別に、遺族基礎年金 が上乗せして支給されます。

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。


  Copyright (C) SEKISE, Inc.