お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
国民年金の死亡一時金(1)
[見本はこちら]

死亡した人が、国民年金に加入していた場合、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のいずれか1つが支 給されます。ここでは、そのうちの、死亡一時金の内容についてご紹介します。

国民年金の保険料を3年以上納めた人が、 老齢基礎年金も障害基礎年金も、もらわないままで死亡したとき、生計を共にしていた遺族に死亡一時金が支給されます。
ただし、遺族が遺族基礎年金を受けられる場合には、死亡一時金は支給されません。遺族基礎年金や寡婦 年金の方が金額が有利なので、そちらを選びましょう。

死亡一時金の金額は、保険料を納めた期間により次の ようになっています。

3年以上15年未満は、120,000円
15年以上20年未満は、145,000円
20年以上25年未満は、170,000円
25年以上30年未満は、220,000円
30年以上35年未満は、270,000円
35年以上については、すべて320,000円
となります。

なお、定額保険料に加えて 付加保険料を3年以上納めた人が死亡したときは、この金額に、85,000円が 加算されます。

死亡一時金の手続きは、住所地の役所の国民年金の窓口にある、裁定請求書に記入して提出します。
手続きには、国民年金の証書(手帳)、死亡診断書、戸籍謄本、印鑑が必要です。

死亡一時金は、銀行 や郵便局の自分の口座で受取ることができます。
お金を振り込んでもらうために、自分の銀行や郵便局の通帳の口座番号も用意していきましょう。

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。


  Copyright (C) SEKISE, Inc.