お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
司法書士・行政書士の仕事と料金
司法書士は、登記、供託などの法的手続きを代行してくれる法律資格を持つ専門家です。また行政書士は役所への手続きの代書や相談などをしてくれる専門家です。簡単な手続きは自分でも可能ですが、こみいった法律や規則に関わる場合は、秘密厳守が義務付けられている専門家に任せるほうが安心です。

全国に17,000名近くの会員を擁する司法書士会があります。また、各都道府県に行政書士会があり、約36,000名の行政書士がいます。行政書士の取扱い業務は数千件にも及ぶため、それぞれ得意な分野があるようです。

司法書士の仕事は次のものがあります。

株式会社・有限会社・協同組合など、法人設立の登記に関する書類を代理作成すること。
裁判所や法務局・地方法務局、または検察庁など提出する書類を作成したり審査請求したりすること。
また行政書士の主な仕事には次のものがあります。

官庁・役所などへ提出する書類の作成や、土地利用に関する届出、許可申請に関すること(登記以外)。
身分上のことに関することがらや、戸籍の届けや手続き。
営業の許可に関すること。(酒屋・たばこ屋・旅館・料理・飲食店、理髪店・美容院など)
自動車登録申請や車庫証明など、自動車に関すること。
葬式の後に必要となる具体的な例をご紹介しますと、
相続や売買などで、不動産の名義変更をするとき。
地代、家賃などを裁判所に供託するとき。
は司法書士に相談します。

また、役所などへ提出する書類の書き方、添付するもの、部数などがよくわからないとき。
登記簿謄本や印鑑証明書などをとりたいとき。
登記簿や公図などを閲覧したいとき。
遺言書や遺産分割協議書を作りたいとき。
売買や賃貸借契約書など、各種の契約書を作りたいとき。
内容証明による郵便を出したいとき。
経理や記帳の事務を頼みたいとき。
このような場合は、行政書士に相談するとよいでしょう。

なお、遺産相続などで税金の内容についての相談が含まれる場合は税理士と、財産の分け方などで法律的な話し合いが含まれる場合は弁護士と連携して仕事が進められることもあります。
最近はインターネットなどで申込み受付け、電子申請も行われるようになっています。

専門家に頼むと費用が心配ですが、例えば司法書士の場合、相談だけなら1時間で3,590円以内です。
司法書士の報酬は、規定により最高限度額が定められています。司法書士の費用の目安については、次ページにありますのでご利用ください。

また、行政書士に対する報酬額はそれぞれの行政書士が明確に提示することになっており、同じ業務でも内容により異なります。ちなみに遺言書作成の場合、数千円程度から場合によっては20万円を越えるケースもあるようです。
各地にある司法書士会・行政書士会では、常設の相談窓口を設けていますので、たずねてみるとよいでしょう。
地域により、「相続登記110番」などの無料電話相談や、無料相談会などもあります。

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。


  Copyright (C) SEKISE, Inc.