お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
悲しみから立ち直るための援助組織について
●ウィドウ・サポート協会(通称、ほほえみネットワーク)について、ご案内します。

かつては、伴侶に先立たれた人々に対する心の手当てや援助が必要なのだということが、社会にも個人にも長い間認識されていませんでした。
悲しみという心の問題は、当事者の個人的な問題であると考えられ、自分でそれに対処することのみが求められてきました。

しかし、世の中には自分だけで対処するにはあまりにも大きすぎる悲しみもあるのです。伴侶を失い、遺 された者の悲しみもこの大きすぎる悲しみの一つなのではないでしょうか。

伴侶の死を悲しむことは自然なことであり、必要なことですが、いつまでも悲しみに浸っていているのは、決してよいことではありません。
欧米ではすでに1960年代より悲しみから立ち直るための援助の試みがおこなわれており、今ではそれを 利用することはごく普通のことになっています。

そこで、ウィドウ・サポート協会でもカウンセリングの技法をとり入れて「悲しみからの回復のためのプ ログラム」を作成しました。
このプログラムは、8回にわたっておこなわれるグループカウンセリングのプログラムです。
1グループが10名前後で、各回ごとにテーマが設けられ、その一つ一つに対して自分の気持ちと向き合っていきます。 時には辛く、気持ちが落ち込んで逃げ出したいと思うようなこともありますが、悲しみを消化していく過程ではどうしても必要なことなのです。


ミーティングのテーマ

第1回 オリエンテーションと体験を語る
第2回 死の否定とお葬式
第3回 いかりとその対応
第4回 罪悪感
第5回 抑うつ感−−−心が落ち込んだ時には
第6回 対人関係とその変化
第7回 これからの生き方
第8回 受容

●グループカウンセリングのプログラムの8回の内容のあらましをご紹介します。

第1回目
ミーティングに対する参加者の不安や先入観を取り除くために、オリエンテーションをおこない、そして体験を語るようにします。伴侶を失った人々が体験を分かち合い、話し合う中から、悲しみから立ち直るためのさまざまな方法に気づく場として、気楽にミーティングを活用して 欲しいということを伝えます。
第2回目〜第5回目
その回に設定されたテーマにそって話し合いが行われます。第2回から第5回までのテーマは、「死の否定とお葬式」、「怒りとその対応」、「罪悪感」、「抑うつ感」といった、伴侶の死に際して体験しがちな感情に焦点を当てています。
これらの各回は、伴侶の死に対する現実的な認識と、感情の表現を促進させることを意図して おこなわれていますが、このようなステップを通じて、自己の体験を客観的にみることができるようになります。

第6回目、第7回目
死別後の新しい生き方を探索することをねらいとして「対人関係とその変化」や「これからの 生き方」などの心の世界を投影するような作業を行うことによって、現状を認識してもらい、それを基にして話し合いが進められます。

第8回目
最終回で「受容」(受けいれること)というテーマのもとで、第一回から第七回までの各内容を振り返り、総仕上げをおこないます。

このミーティングのカウンセラーも、同じ立場、つまり伴侶をかつて失った人達が担当していきます。こ のプログラムが、ウィドウからウィドウへ(Widow to Widow)、伴侶を亡くした人から同じような立場の人へ、を原則としたシステムとして完成しているからです。

すでに設立から10年ほどになりますが、この間に、数百人にのぼる方々をカウンセリングし、とても大きな効果を上げています。
欧米には伴侶を失った人々のためのさまざまな活動がありますが、単にそれをとり入れるだけではなく、日本人にかなったメニューを常に開発し、よりよいものをつくり、悲しみにくれる方々への心よりの支援を、ほほえみネットワークの使命と考えています。
(この項目の情報提供:ウィドウ・サポート協会/ほほえみネットワーク)


各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。



  Copyright (C) SEKISE, Inc.