お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
法定相続人
遺産相続は、遺言書にもとづくか、相続する人の間で話し合って決めるのが普通です。
しかし遺産の分け方などについて合意ができなかったときは、法律に従う方法もあります。
法律に従って遺産を分ける時には、相続できる人の範囲や順位が定められています。
これを、法定相続人といいます。その内容は、民法で次のように定められています。

相続人の範囲は、死亡した人の配偶者と子供、親、兄弟姉妹に限られています。

・死亡した人の配偶者は常に相続人となり、

配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。
相続人には、順位が定められています。

・第1順位は、死亡した人の子供 です。

まだお腹の中にいる赤ちゃんも、生まれたものとみなします。
死亡した人の子供が既に死亡しているときは、その子供の直系の子供や孫などが相続人となります。
子供も孫もいるときは、近い世代である子供の方を優先します。これを、代襲相続といいます。

・第2順位は、死亡した人の直系の父母や祖父母です。

父母も祖父母もいるときは、近い世代である父母の方を優先します。
第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。

・第3順位は、死亡した人の兄弟姉妹です。

その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供です。
第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。

なお、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます。
また、内縁関係の人は、相続人に含まれません。

[資料]  (民法887、889、890、900、907)

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。




  Copyright (C) SEKISE, Inc.