お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
相続税のかからない財産
相続税は原則として、死亡した人が持っていたすべての財産と、それを受け継いだり、もらったとみなされる財産にかかります。
しかし、財産の性質などにより相続税がかからない財産があります。
相続税がかからない財産のうち、おもな7つについてご案内します。

(1) 墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物には、相続税はかかりません。
ただし、骨とう的価値があるなど、投資の対象となるものや、商品として所有しているものには相続税がかかります。

(2) 宗教、慈善、学術、その他公益を目的とする事業をおこなう一定の個人が受け継いだ財産で、公益を目的とする事業に使われることが確実なものです。

(3) 地方公共団体の条例によって、精神や身体に障害のある人、又はその人を扶養する人が心身障害者共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利をもらったときです。

(4) 相続などによってもらったとみなされる生命保険金のうち、500万円に法定相続人の数を掛けた金額までの部分です。

(5) 相続などによってもらったとみなされる退職手当金のうち、500万円に法定相続人の数を掛けた金額までの部分です。

(6) 遺産を相続税の申告期限までに、国や公益法人などへ寄付をした場合は、相続税はかかりません。具体的な例としては、国または地方公共団体や特定の公益法人に寄付した財産、あるいは特定の公益信託の信託財産とするために支出した金銭です。

(7) 個人で経営している幼稚園の事業に使われていた財産で、一定の要件を満たすものです。これについては相続人が引き続きその幼稚園を経営することが条件となります。
相続税については、法律に関わる事柄も多いので、地域で開催される法律相談会を利用したり、弁護士な どの専門家に相談するのもよいでしょう。

[資料] (相法12、昭25.4相令附則4、相基通12-2、措法70)

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。




  Copyright (C) SEKISE, Inc.