お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
遺産分割協議書
[見本はこちら]

遺産を二人以上で分けて相続し、遺産の分け方を話し合いで取り決めた場合には、その内容を、遺産分割協議書として記録しておくことが必要です。

遺産分割協議書は、(法律的には特に要求されていませんが)遺産を受け継ぐときに関わる 税務署や金融機関などに対して、遺産の相続と分け方について合意した内容を証明するもの です。

遺産分割協議書には、とくに決まった書式はありませんが、 遺産の内容と、その分け方を記入し、 共同で相続する人全員の署名と、印鑑証明書のある印鑑を押します。
全員の印鑑証明書を添えることも必要です。

遺産分割協議書は、相続する人数分を作成し、各自が保管します。

遺産分割協議書は、
相続税の申告をはじめ、
相続した財産の名義変更や、
不動産などの権利移転の登記など、
相続のためのいろいろな手続きのときに、必要となります。

遺産分割協議書を提出するときには、遺産分割協議書に押してある全員の印鑑証明書も一緒に提出しなければなりませんので、あらかじめ必要枚数分の印鑑証明書を用意しておきましょう。

なお、相続人による遺産の分けかたの協議の結果が、すでに明らかになっていた遺言書の内容や、法定相 続分と違っていた場合も、相続する人の意思が優先します。

相続の話し合いや手続きがまとまらないときは、弁護士や行政書士、司法書士などの専門家に相談し、遺産分割協議書の作成を依頼すれば安心です。


【遺産分割協議書の失敗例】

 不動産の表記
 預貯金の名義変更
 印鑑の押し方
 遺産相続をしない人がいる場合
 あとから財産が見つかった場合


各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。


  Copyright (C) SEKISE, Inc.