お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
事故死の損害賠償金と税金
交通事故などで死亡した場合、その加害者から遺族が損害賠償金をもらったとき、この損害賠償金には、相続税はかかりません。

死亡した被害者に対する損害賠償金は、その人が本来、生きていれば得られたはずの所得を補償すること を目的としているため、相続税の対象とはならないのです。

損害賠償金の名目としては、慰謝料 や逸失利益の補償金などがありますが、その名目が変わっても、ほとんどの場合、相続税はかからないと思ってよいでしょう。

なお、まれなケースとして、相続により損害賠償金を受け取ることに決まっていた人が、受け取らないうちに死亡してしまった場合には、その損害賠償金を受け取る権利が相続財産となりますから、相続税の対象となります。

[資料] (相法2、所法9、所令30)

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談窓口や専門家におたずね下さい。


  Copyright (C) SEKISE, Inc.