お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
死亡保険金と税金
●生命保険などから、死亡保険金を受け取ったときの税金についてご案内します。

保険に加入していた人が死亡し、死亡保険金を受け取った場合には、受取人に税金がかかります。
税金の内容は、保険料を誰が支払っていたか、誰が受取人になっていたかなどの関係で変わり、所得税、相続税、贈与税のいずれかが課税されます。

●所得税が課税される場合は、保険料を払った人と保険金の受取人が同一の場合です。

この場合の死亡保険金は、受け取りの方法により、一時所得、または雑所得として課税されます。
一時所得になるのは、死亡保険金を一度にもらった場合です。受け取った保険金の総額から、すでに払い込んだ保険料を差し引き、ここから一時所得の特別控除50万円を差し引いた金額の1/2の金額が税金の対象になります。
死亡保険金を年金の形式でもらった場合には、雑所得になります。
この場合の所得の金額は、その年に受け取った年金の額に対応する払込保険料の額を差し引いた金額です。受け取る際には、原則として所得税が源泉徴収されます。

●相続税が課税されるのは、死亡した人と保険料を払った人が同一人の場合です。

保険の受取人が死亡した人の相続人であるときは、相続により取得したものとみなされます。
相続人以外の人が受取人であるときは、遺産を贈られたものとみなされます。

●贈与税が課税されるのは、保険料を払った人、保険に加入した人、保険金の受取人がすべて異なる場合です。

この場合の死亡保険金は、その年に贈与を受けた他の財産と合計され、基礎控除の60万円が差し引かれた残りの金額に、贈与税がかかります。

参考:生命保険金と贈与税

[資料] (所法34、35、207〜209、相法3、5、12、24)

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談窓口や専門家におたずね下さい。


  Copyright (C) SEKISE, Inc.