お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
配偶者の相続税の軽減
[見本はこちら]

死亡した人の妻あるいは夫、いわゆる配偶者に対しては、
税額を軽くする制度、配偶者控除があります

配偶者が遺産分割などにより実際にもらった遺産の金額が、

1億6千万円以下か、あるいは
法定相続分に相当する金額まで


は、配偶者に相続税はかかりません。

この配偶者の税額を軽くする制度は、配偶者が遺産の分割などで実際にもらった財産を基に計算されることになっています。
このため、相続税の申告期限までに配偶者に分割されていない財産は対象になりませんが、申告期限から3年以内に分割したときは、税額が軽くなります。

なお、相続税の申告期限後3年を経過する日までに分割できないやむを得ない事情があり、税務署長の承 認を受けた場合については、その事情がなくなった後の4か月以内に分割されれば、税額軽減の対象になります。

このほかにも、相続税には、さまざまな優遇措置があります。
優遇措置を利用するかどうかで納める税金が大きく変わることもありますので、法律を調べたり、税金の 相談会を利用したり、税理士などの専門家に相談するとよいでしょう。

[資料] (相法19の2、32、相規1の2)

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。


  Copyright (C) SEKISE, Inc.