お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
土地家屋の評価方法
相続税や贈与税を計算するときに、相続や贈与などによって取得した土地や家屋がいくらになるか評価する必要があります。
目安としては、一般的な取引価格のおよそ8割程度に考えておくとよいでしょう。

実際の評価については、次のように、具体的な評価方法が定められています。

◎土地の評価方法では、まず原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価されます
 土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。

・路線価方式

道路ごとに1平方メートル当たりの路線価が千円単位で定められており、それに土地の面積をかけると評価額を出すことができます。この場合、土地の位置や形状などに応じて評価額を調整することになっています。

・倍率方式

各市町村などが定めている固定資産税の評価額に、一定の倍率をかけて評価額を出す方法です。

路線価ならびに倍率は、地価の動向に基づき各国税局で毎年見直しをして、財産評価基準書により公開 されています。財産評価基準書は、税務署で見ることができます。

◎家屋の評価方法は倍率方式となっていますが、その倍率は1.0倍です。
 従って、その評価額は固定資産税評価額と同じです。

賃貸されている土地や家屋については、権利関係に応じて評価額が調整されることになっています。

相続した宅地等が住宅や事業用として使われている場合には、200平方メートルまでの部分については、 その評価額の一定割合を減額する相続税の特例があります。

土地家屋の評価方法について、より詳しく知りたいときは、専門家である税理士や司法書士、土地家屋調 査士などに相談されるとよいでしょう。

[資料](相法19、22、評基通1、11、13、14、21、89)

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談 窓口や専門家におたずね下さい。


  Copyright (C) SEKISE, Inc.