お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
遺産分割協議書の見本  あとから遺産が見つかった場合
●あとから遺産が見つかった場合には遺産分割協議書は作り直しとなります。
遺産分割協議書を作成したあとから財産が見つかった場合には、その財産が見つかる前に作成した遺産分割協議書は、協議すべき相続財産が異なっていたこととなるため無効になってしまいます。
したがって、そのあとから見つかった財産を加え、遺産分割協議書を作成しなければなりません。

もしくは、
あとから見つかった財産のみの遺産分割協議書を作成し、その財産がみつかる前に作成した遺産分割協議書は有効である旨の確認をするという方法もあります。
具体的には、あとから見つかった財産のみの遺産分割協議書のなかに

「平成○年○月○日付遺産分割協議書は有効であることを相続人全員が確認する」

旨の条項を入れてください。
しかし、被相続人の財産のすべて把握するのが困難な場合が多いので、遺産分割協議書の中に「以後発見された財産及び債務は○○が相続する」

旨の条項を入れておくとよいでしょう。

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談窓口や専門家におたずね下さい。
(この項目の情報提供:(株)マックコンサルタンツ)


  Copyright (C) SEKISE, Inc.