お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
遺産分割協議書の見本  印鑑の押し方が悪い場合
●印鑑の押し方が悪くて遺産分割協議書を作り直す場合をご紹介します。
遺産分割協議書には、相続人全員が印鑑を押印しなければなりませんが、遺産分割協議書の最後の名前の所に一箇所だけ印鑑を押している人が多いようです。

遺産分割協議書は一語半句誤りがないように記載していなければなりません。誤って記載した場合は訂正しなければならないため、遺産分割協議書を作り直さなければなりません。

そこで、遺産分割協議書が2枚以上になる場合、用紙から用紙のとじ目のところに相続人全員が登記印で 契印をしなければなりません。

しかし、数枚にわたる場合に、すべてとじ目に契印を押していると大変ですので、遺産分割協議書の用紙 を重ねてホッチキスでとじ、表紙のとじた部分から裏側にかけて、製本するように白いテープ状の紙をのり付けして背を作ります。そして、貼り付けたその背と表紙の境目部分一ヵ所に相続人全員の契印を押す ようにします。



各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談窓口や専門家におたずね下さい。
(この項目の情報提供:(株)マックコンサルタンツ)


  Copyright (C) SEKISE, Inc.