お葬式のしおり
情報番号を入力して「情報ページを表示」ボタンを押してください。
遺産分割協議書の見本  遺産相続をしない相続人がいる場合
●遺産の相続をしない相続人を含めないと作り直しとなります。
遺産分割協議は、必ず相続人全員で行います。
一部の相続人だけで協議をしてもそれは無効になります。
相続人の中に行方不明者がいる場合には、「財産管理人」の選任を家庭裁判所に申し立て、その財産管理 人を行方不明者の代理人として、遺産分割協議書を行うことになります。

相続人の中に、財産をいらないと言った人がいた場合に、分割する相続人のみで署名押印して、 財産をいらないといった人の署名押印をせずに遺産分割協議書を作成した場合は、その遺産分割協議書は無効なので、財産をいらないと言ったその人を含め、全員の署名押印のある遺産分割協議書を作成し なければなりません。

なお、財産をいらないと言った人が、一定の期間に、一定の手続きによって相続を放棄した場合には、そ の人は、はじめから相続人ではなかった事になりますので、その人の署名押印が遺産分割協議書になくて も、その遺産分割協議書は無効になりません。

各内容は、一般的な状況を前提としておりますので、個々の条件には合致しないこともあります。自分の状況に応じたくわしい内容を知りたい場合は、該当の相談窓口や専門家におたずね下さい。
(この項目の情報提供:(株)マックコンサルタンツ)


  Copyright (C) SEKISE, Inc.